2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 鳴り響く性 | トップページ | オタク短歌 »

2009年8月29日 (土)

日本語とジェンダー

4894762749 次のような書籍が発刊されています。

日本語ジェンダー学会(編)佐々木瑞枝(監修) (2006) 『日本語とジェンダー』ひつじ書房、ISBN:4894762749

要約
 日本語には、「家内(女性は家にいるべきだ)」「男泣き(男は泣いてはいけない)」等、社会的・文化的な性役割(ジェンダー)が含意されている語や表現が多い。本書では、こうしたジェンダー表現を「日本語ジェンダー学会」に集う10人の研究者が、日本語の歴史や日本語学、日本文学、日本語教育、言語学等の観点から分析する。ジェンダーをことばとの関係で捉え直すための多様な道標を提示する試みである。
[執筆者]
1 日本語の男性を表す語句と表現―資料からみる日本語の変遷―    佐々木瑞枝 pp. 1-19
2 ジェンダーとポライトネス―女性は男性よりポライトなのか?―    宇佐美まゆみ
pp. 21-37
3 話しことばの終助詞の男女差の実際と意識-日本語教育での活用へ向けて-    小川早百合 pp. 39-51
4 談話ストラテジーとしてのジェンダー標示形式    因京子 pp. 53-72
5 テレビドラマと実社会における女性文末詞使用のずれにみるジェンダーフィルタ    水本光美 pp.73-94
6 日本語教材とジェンダー    渡部孝子 pp. 95-107
7 『源氏物語』とジェンダー―「宿世」を言わぬ女君―    佐藤勢紀子 pp. 109-120
8 言語イデオロギーとしての「女ことば」―明治期「女学生ことば」の成立―    中村桃子 pp. 121-138
9 日本におけるジェンダー的価値観―ヨーロッパ人の視点から―    ユディット・ヒダシ pp. 139-150
10 日本語のジェンダー表現における「私」の揺らぎ    門倉正美 pp. 151-165
資料 グラフに見るジェンダー   佐々木瑞枝 pp. 167-176
参考文献資料   佐々木瑞枝 pp. 177-217

門倉正美氏論文で、拙著に対する言及がありました。

« 鳴り響く性 | トップページ | オタク短歌 »

ジェンダー・性差」カテゴリの記事

社会言語学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本語とジェンダー:

« 鳴り響く性 | トップページ | オタク短歌 »