2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 手塚治虫はどこにいる | トップページ | 出発点―1979~1996 »

2009年9月15日 (火)

虫眼とアニ眼

31001322 虫眼とアニ眼 養老孟司対談宮崎駿

著者/訳者名 養老孟司/著 宮崎駿/著
出版社名 徳間書店スタジオジブリ事業本部 (ISBN:4-19-861539-X) 
発行年月 2002年07月
サイズ 189P 20cm

【目次】
養老さんと話して、ぼくが思ったこと(宮崎駿)
『もののけ姫』の向こうに見えるもの(みんな「人間嫌い」になっている
あまった「感性」が人間に向いた
生きていくための武装に欠けている ほか)
『千と千尋の神隠し』をめぐって(「懐かしさ」という感覚をめぐって
日本の建物を描く
言葉と情報 ほか)
見えない時代を生き抜く—宮崎アニメ私論(養老孟司)
(あまり)

« 手塚治虫はどこにいる | トップページ | 出発点―1979~1996 »

アニメ」カテゴリの記事

社会・政治」カテゴリの記事

ポップカルチャー・サブカルチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虫眼とアニ眼:

« 手塚治虫はどこにいる | トップページ | 出発点―1979~1996 »