2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 言語接触とピジン 19世紀の東アジア(研究と復刻資料) | トップページ | 村上春樹と一九八〇年代 »

2009年10月13日 (火)

海を渡った日本語

51fdh63wn0l__sl500_aa240_ 海を渡った日本語―植民地の「国語」の時間 
川村 湊 (著)
単行本: 303ページ
出版社: 青土社; 新装版版 (2004/04)
ISBN-10: 479176112X
ISBN-13: 978-4791761128
発売日: 2004/04
商品の寸法: 19 x 13.4 x 2.2 cm

【目次】
「夏休み」のない島
1 「国語」の時間(占領と委任統治-南洋群島
どろみちのよいどれ-台湾
「まなべ!つかへ!日本語を!」-シンガポール
南方派遣“日本語”部隊-南方 ほか)
2 「日本語」の時代(福田恒存の日本語・時枝誠記の国語
「国際化」時代の日本語)

(あまり)

« 言語接触とピジン 19世紀の東アジア(研究と復刻資料) | トップページ | 村上春樹と一九八〇年代 »

各国語・翻訳・吹き替え」カテゴリの記事

社会・政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海を渡った日本語:

« 言語接触とピジン 19世紀の東アジア(研究と復刻資料) | トップページ | 村上春樹と一九八〇年代 »