2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 日本初のアニメーション作家北山清太郎 | トップページ | マンガは変わる―“マンガ語り”から“マンガ論”へ »

2009年10月19日 (月)

視覚とマンガ表現 科学とマンガのナベ《鍋?》ゲーション

31900801 視覚とマンガ表現 科学とマンガのナベ《鍋?》ゲーション

著者/訳者名 牧野圭一/共著 上島豊/共著
出版社名 臨川書店 (ISBN:978-4-653-04012-5) 
発行年月 2007年06月
サイズ 229P 20cm

【目次】
第1章 人間の目には、モノがどのように見えているのか(光と色の不思議な関係
人間の目には、何が見えているのか?
視覚には、個人差がある!?)
第2章 マンガ家の目には、モノがどのように見えているのか(マンガ家はどのようにモノを見ているのか?
マンガの「表現」とはどのようなものか?
マンガ表現の「本質」とは)

(あまり)

« 日本初のアニメーション作家北山清太郎 | トップページ | マンガは変わる―“マンガ語り”から“マンガ論”へ »

マンガ」カテゴリの記事

ポップカルチャー・サブカルチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 視覚とマンガ表現 科学とマンガのナベ《鍋?》ゲーション:

« 日本初のアニメーション作家北山清太郎 | トップページ | マンガは変わる―“マンガ語り”から“マンガ論”へ »