2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 視覚とマンガ表現 科学とマンガのナベ《鍋?》ゲーション | トップページ | 日本のアニメ全史 »

2009年10月19日 (月)

マンガは変わる―“マンガ語り”から“マンガ論”へ

517hio1hql__sl500_aa240_ マンガは変わる―“マンガ語り”から“マンガ論”へ 
伊藤 剛 (著)

単行本: 308ページ
出版社: 青土社 (2007/12)
ISBN-10: 4791763858
ISBN-13: 978-4791763856
発売日: 2007/12
商品の寸法: 19.4 x 13 x 2.6 cm

【目次】

1 表現論/ジャンル論(美少女エッチ漫画の基礎知識
漫画の描き方本の基礎知識
マンガの前衛―アニメ絵をめぐって ほか)
2 マンガ作家論(諸星大二郎の奇妙な世界
超リアルかつ超こまめ―古谷実
高野文子はいかに「没入」を描いてきたか ほか)
3 状況論/キャラ文化論(スミスが獲得したリアリティをエヴァが獲得できなかった理由
男性のための「試験に出る」やおい講座第1回 七〇年代篇
男性のための「試験に出る」やおい講座第2回 八〇年代篇初頭「アニパロ時代」篇 ほか)
(あまり)

« 視覚とマンガ表現 科学とマンガのナベ《鍋?》ゲーション | トップページ | 日本のアニメ全史 »

マンガ」カテゴリの記事

ポップカルチャー・サブカルチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンガは変わる―“マンガ語り”から“マンガ論”へ:

« 視覚とマンガ表現 科学とマンガのナベ《鍋?》ゲーション | トップページ | 日本のアニメ全史 »