2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« アメリカ映画に現れた「日本」イメージの変遷 | トップページ | お楽しみはこれもなのじゃ―漫画の名セリフ »

2009年10月19日 (月)

アメリカ雑誌に映る〈日本人〉

32180649 アメリカ雑誌に映る〈日本人〉 オリエンタリズムへのメディア論的接近

著者/訳者名 小暮修三/著
出版社名 青弓社 (ISBN:978-4-7872-3292-2) 
発行年月 2008年12月
サイズ 186P 21cm

【目次】
第1章 他者/自己への眼差し—「ナショナル・ジオグラフィック」を「読む」ための概念地図(リプレゼンテーション
オリエンタリズム ほか)
第2章 ゲイシャ・ガール—古典的オリエンタリズム1(ファンタジー—『蝶々夫人』あるいは「花のもてなし」
アイロニー—幻想としての伝統的日本人女性(ゲイシャ・ガール) ほか)
第3章 サムライ—古典的オリエンタリズム2(封建遺制のハラキリから戦争の狂気へ—太平洋戦争敗戦まで
「張り子の虎」から精彩を失った伝統へ—一九五〇‐七〇年代 ほか)
第4章 テクノロジー—テクノ・オリエンタリズム(テクノロジーと結び付けられた「日本人」
西洋文明の模倣者(サムライ)—十九世紀末以降 ほか)
第5章 オリエンタリズム批判再考—反オリエンタリズム教条主義を超えて(オリエンタリズム批判再考—オリエンタリズムとセルフ・オリエンタリズムの相互補完関係
テクノロジーをめぐるセルフ・オリエンタリズムとナショナリズムの相関性 ほか)
(あまり)

« アメリカ映画に現れた「日本」イメージの変遷 | トップページ | お楽しみはこれもなのじゃ―漫画の名セリフ »

各国語・翻訳・吹き替え」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

ポップカルチャー・サブカルチャー」カテゴリの記事

ステレオタイプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ雑誌に映る〈日本人〉:

« アメリカ映画に現れた「日本」イメージの変遷 | トップページ | お楽しみはこれもなのじゃ―漫画の名セリフ »