2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 満洲の日本人 | トップページ | 中国戦線はどう描かれたか―従軍記を読む »

2009年10月13日 (火)

日中戦争下の日本

31917740 日中戦争下の日本

著者/訳者名 井上寿一/著
出版社名 講談社 (ISBN:978-4-06-258392-3) 
発行年月 2007年07月
サイズ 222P 19cm

【目次】
1章 兵士たちの見た銃後(銃後の退廃
慰問袋のゆくえ
祖国の再興を求めて)
2章 戦場のデモクラシー(他者理解の視点
立ち上がる「文化戦士」たち
新しい文化の創造)
3章 戦場から国家を改造する(文化工作による国家の改造
政党政治への期待
社会的な底辺の拡大)
4章 失われた可能性(デモクラシーとしての大政翼賛会
大政翼賛会の現実
日中戦争の末路)
5章 「神の国」の滅亡(日本主義の盛衰
「神の国」のモラル
戦争のなかの戦後)
(あまり)

« 満洲の日本人 | トップページ | 中国戦線はどう描かれたか―従軍記を読む »

社会・政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日中戦争下の日本:

« 満洲の日本人 | トップページ | 中国戦線はどう描かれたか―従軍記を読む »