2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 武士語でござる | トップページ | CasaBRUTUS特別編集 浦沢直樹読本 »

2010年1月 4日 (月)

日韓アニメーションの心理分析

32273053 日韓アニメーションの心理分析 出会い・交わり・閉じこもり
ビジュアル文化シリーズ

著者/訳者:横田正夫/著 
出版社名:臨川書店 
発行年月:2009年06月
ISBN:978-4-653-04023-1

【目次】
序章
第1章 分身の心理学
第2章 閉じこもりのアニメーション
第3章 交わりのアニメーション
第4章 日本のアニメーションと韓国のアニメーション
第5章 抽象的アニメーションにみられる閉じこもり
終わりに—閉じこもりの力
(あまり)

« 武士語でござる | トップページ | CasaBRUTUS特別編集 浦沢直樹読本 »

アニメ」カテゴリの記事

各国語・翻訳・吹き替え」カテゴリの記事

心理学・認知科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日韓アニメーションの心理分析:

« 武士語でござる | トップページ | CasaBRUTUS特別編集 浦沢直樹読本 »