2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« アニメーションとライフサイクルの心理学 | トップページ | 欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差 »

2010年1月 4日 (月)

アニメーションの映画学

51y9ex5znql__sl500_aa240_ アニメーションの映画学
(ビジュアル文化シリーズ)

加藤 幹郎 (編集)
単行本: 314ページ
出版社: 臨川書店 (2009/03)
ISBN-10: 4653040249
ISBN-13: 978-4653040248
発売日: 2009/03
商品の寸法: 19.2 x 13 x 2.6 cm

【目次】
第1章 「原形質」の吸引力―エイゼンシテインの漫画アニメーション理論
第2章 柔らかな世界―ライアン・ラーキン、そしてアニメーションの原形質的な可能性について
第3章 風景の実存―新海誠アニメーション映画におけるクラウドスケイプ
第4章 複数形で見ること―商業アニメのメディアミックスのとらえ方
第5章 ミッキー・マウスの息吹を計ること―計量アニメーション学の試み
第6章 セレクティブ・アニメーションという概念技法―「リミテッド・アニメーション」の限界を超えて
(あまり)

« アニメーションとライフサイクルの心理学 | トップページ | 欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差 »

アニメ」カテゴリの記事

映画・テレビ(アニメ除く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメーションの映画学:

« アニメーションとライフサイクルの心理学 | トップページ | 欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差 »