2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 物語論で読む村上春樹と宮崎駿 ――構造しかない日本 | トップページ | 日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で »

2010年2月 2日 (火)

変わる方言 動く標準語

41pzed9oul__sl500_aa240_

変わる方言 動く標準語 (ちくま新書)
井上 史雄 (著)

新書: 203ページ
出版社: 筑摩書房 (2007/02)
ISBN-10: 448006348X
ISBN-13: 978-4480063489
発売日: 2007/02
商品の寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm

【目次】

第1章 プラスになった方言イメージ(言語の下位区分としての方言
方言のステレオタイプ
日本の方言区画地図を重ねると ほか)
第2章 方言に入った外来語(言語間方言学という視点
アイヌ語と東北方言の相互接触
中国語から入った近世方言 ほか)
第3章 標準語普及の3段階を復元する(東京と京都からの鉄道距離別標準語使用率
鉄道距離という発想
中学生の標準語使用率に働かない鉄道距離 ほか)

(あまり)

« 物語論で読む村上春樹と宮崎駿 ――構造しかない日本 | トップページ | 日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で »

標準語・共通語・方言」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変わる方言 動く標準語:

« 物語論で読む村上春樹と宮崎駿 ――構造しかない日本 | トップページ | 日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で »