2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 戦争の論理―日露戦争から太平洋戦争まで | トップページ | 日中相互理解とメディアの役割 »

2010年3月 2日 (火)

日中戦争がよくわかる本

31772161

日中戦争がよくわかる本 (PHP文庫) 
太平洋戦争研究会 (著)

文庫: 349ページ
出版社: PHP研究所 (2006/10/3)
ISBN-10: 4569667031
ISBN-13: 978-4569667034
発売日: 2006/10/3
商品の寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm

【目次】
日中戦争はいつのことですか。あんなに広い中国を占領したとは信じられないのですが…。
満州事変と日中戦争はどんな関係にありますか。
日中戦争と太平洋戦争はどんな関係にありますか。
盧溝橋事件というのが日中戦争の始まりだそうですが、どんな事件ですか。
最初は北支事変と呼んだそうですが、なぜですか。
盧溝橋事件のあと、その方面で日本軍はどんな作戦をしたのですか。
よく、「戦火は上海に飛び火した」などといわれますが、日本軍は上海でも攻撃を始めたのですか。
上海での戦闘はどのような推移をたどったのですか。
上海での戦闘を終えた日本軍はどうしたのですか。
北支の日本軍は、「総攻撃(平津地方掃討作戦)」のあと、どんな作戦をおこなったのですか。〔ほか〕
(あまり)

« 戦争の論理―日露戦争から太平洋戦争まで | トップページ | 日中相互理解とメディアの役割 »

社会・政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日中戦争がよくわかる本:

« 戦争の論理―日露戦争から太平洋戦争まで | トップページ | 日中相互理解とメディアの役割 »