2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 「豹変する心」の現象学―精神科臨床の現場から | トップページ | 「満洲」の成立 -森林の消尽と近代空間の形成- »

2010年3月16日 (火)

シニア世代の学びと社会―大学がしかける知の循環

41eb9ly6jl__sl500_aa300_

シニア世代の学びと社会―大学がしかける知の循環 
牧野 篤 (著)

単行本: 246ページ
出版社: 勁草書房 (2009/9/29)
ISBN-10: 4326298944
ISBN-13: 978-4326298945
発売日: 2009/9/29
商品の寸法: 19.2 x 13.4 x 2 cm

目次

はじめに シニア世代の学びと大学の役割
第一章 感謝から好奇心そして自己の尊厳へ
――シニア世代の価値観と生き方
一 シニア世代の価値観をとらえることの意義
二 尊厳・生きがい、そして社会貢献
――シニア世代の関心事と価値意識(二〇〇一年のアンケート調査より)
三 好奇心と自立、そして自己の尊厳
――シニア世代の新しい価値意識(二〇〇七年のアンケート調査より)
四 社会関係的存在から自律的アクターへの転換
第二章 シニア世代の学びと高齢者大学
――福祉と教育のはざまで
一 「高齢者大学」を見る視点
二 シニア世代の価値観
三 高齢者大学の位置づけと歴史
四 高齢者大学の諸相
五 高齢者福祉を教育的に組み換えるものとして
第三章 人生を全うすることへの希求
――シニア世代のキャリアを考える
一 「キャリア」と「キャリア教育」をとらえ返す
二 変動する社会とシニア世代のキャリア
三 「つながり」の感覚と自己確認
四 人生を十全に生きること
第四章 市民が大学で学ぶということ
――知の社会循環をつくり出す
一 大学と教育のサービス化
二 市民への授業公開プログラム
三 企業との連携による寄付講義の試み
四 自治体との共催による女性カレッジの試み
五 知の社会循環へ
第五章 〈見えない資産〉と知の社会循環
一 シニア世代の価値観と〈見えない資産〉
二 高齢社会の新しいコミュニティ
三 シニア世代を支援するセミナー
四 〈見えない資産〉とオーバーアチーブメント
おわりに 新しい社会のために
初出一覧

(あまり)

« 「豹変する心」の現象学―精神科臨床の現場から | トップページ | 「満洲」の成立 -森林の消尽と近代空間の形成- »

社会・政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シニア世代の学びと社会―大学がしかける知の循環:

« 「豹変する心」の現象学―精神科臨床の現場から | トップページ | 「満洲」の成立 -森林の消尽と近代空間の形成- »