2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 軍国日本の興亡―日清戦争から日中戦争へ | トップページ | シニア世代の学びと社会―大学がしかける知の循環 »

2010年3月16日 (火)

「豹変する心」の現象学―精神科臨床の現場から

41jikaadd7l__sl500_aa300_

「豹変する心」の現象学―精神科臨床の現場から
大饗 広之 (著)

単行本: 244ページ
出版社: 勁草書房 (2009/9/25)
ISBN-10: 4326298952
ISBN-13: 978-4326298952
発売日: 2009/9/25
商品の寸法: 19.2 x 13.4 x 1.8 cm

【目次】

はしがき

第一章 心、このみえないもの
1 若者たちの風景
2 心、そして/あるいは「私」

第二章 豹変する心
1 恐るべき事件
2 ふつうと異常のあいだ
3 疾患は犯行を説明しない
4 それは予兆かもしれない

第三章 カオスの反転模様
1 三つの体験領域
2 アソビからカオスへ
3 反転としてのカオス
4 カオスの極北、裏返された世界
5 カオスはすぐそこにある

第四章 「内なる他者」の反乱
1 「豹変する心」に悩む人たち
2 手がかりとしての「解離」
3 理念型としての「ジキルとハイド」
4 現代のジキルたち
5 解離は危険なメカニズムなのか?
6 「物語の屈曲」から「人格の解離」へ
7 フライングする解離

第五章 精神科のカルテより
1 「臨床等価例」の多様性
2 代表症例
補遺 攻撃に向かう要因──一般青年の調査から

第六章 時代背景と精神疾患
1 理論によるバイアス
2 三つの体験領域と精神疾患
3 変容する疾患図式
4 秩序の崩壊と反転のはじまり

第七章 疾患概念を再考する
1 アノレキシア──垂直方向への上昇
2 PTSD──水平方向へのスライド
3 人格の解離──多元化する主体
4 アスペルガー──中心の喪失
5 現実感喪失──希薄化したリアリティー

第八章 自明性なき時代
1 「中心の喪失」から「世界の多元化」へ
2 「物語の解体」から「自己の多元化」へ
3 「正しさ」への懐疑

第九章 科学主義という幻想
1 科学的思考の罠
2 アスペルガーのような世界

終 章 「心の豹変」から「漂流する心」へ

あとがき
索 引

(あまり)

« 軍国日本の興亡―日清戦争から日中戦争へ | トップページ | シニア世代の学びと社会―大学がしかける知の循環 »

心理学・認知科学」カテゴリの記事

社会・政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「豹変する心」の現象学―精神科臨床の現場から:

« 軍国日本の興亡―日清戦争から日中戦争へ | トップページ | シニア世代の学びと社会―大学がしかける知の循環 »