2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 歴史教育とジェンダー ―教科書からサブカルチャーまで― | トップページ | 言語的発想法の地域差と社会的背景 »

2010年5月17日 (月)

『東アジア内海の環境と文化』

金関恕監修、内山純蔵・中井精一・中村大編(2010)『東アジア内海の環境と文化』桂書房

【目次】

Ⅰ部

金関恕「考古学から見た地中海世界と日本海」 pp.3-17

中井精一「日本海沿岸地域の自然環境と言語―中央文化の受容と環境認識語彙の均質化―」 pp.18-49

大西拓一郎「日本海と畿内の方言分布をむすぶもの」pp50-65

松丸真大「確認要求表現からみた日本海沿岸地域の特徴」pp.66-89

岸江信介「関西新方言と新しい変化」pp.90-107

瀬口眞司「定住化の過程における日本海地域の先進性」pp.108-128

中村大「縄文祭祀研究におけるスケール概念の有効性―北陸地方の資料を例として―」pp.129-148

森俊「日本海沿岸域の大型魚類・哺乳類の捕獲と流通」pp.149-162

亀山大輔「朝鮮半島における方言の分布について―小倉進平著『朝鮮語方言の研究をもとに―」pp.163-173

ダニエル・ロング「奄美ことばの言語景観」pp.174-200

Ⅱ部

佐伯安一「富山、食生活の伝承―周りの食材フル活用―」pp.203-212

高岡弘幸「開拓と洪水の記憶―越中の龍・大蛇説話の解読―」pp.213-238

松森智彦「遺跡と近世村落に見る集落立地の変遷―富山県農耕社会を対象に―」pp.239-261

永森理一郎「北陸地方の雑煮―数量的データを使用した考察―」pp.262-279

乾誠二「北陸富山における観光戦略とイメージ形成―山岳観光に焦点をあてて―」pp.280-292

伊藤奈穂「石川県能登内浦地域における親族呼称とその変化」pp.293-306

市島佑起子「富山県沿岸地域の語彙分布から見る言語の動態と多様性―富山湾沿岸グロットグラム調査報告書より―」pp.307-325

笹原佑宜「沿岸部から山間部にかけての方言分布の様相―『神通川流域における言語の変容』をもとに―」pp.326-344

内山純蔵「異界への憧れと恐れが物語る日本海の風景―縄文から現代へのメッセージ」pp.345-358

あとがき

« 歴史教育とジェンダー ―教科書からサブカルチャーまで― | トップページ | 言語的発想法の地域差と社会的背景 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『東アジア内海の環境と文化』:

« 歴史教育とジェンダー ―教科書からサブカルチャーまで― | トップページ | 言語的発想法の地域差と社会的背景 »