2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 手塚治虫のオキナワ | トップページ | 交錯するアート・メディア »

2010年8月 3日 (火)

可能性としての文化情報リテラシー

執筆者の方からいただきました。

岡田浩樹・定延利之編

『可能性としての文化情報リテラシー』ひつじ書房、2001

  序

  第1部 マルチメディアとフィールドワーク

  第2部 マルチメディアとコミュニケーション研究

  第3部 文化情報を読み解くということ

  第4部 自然科学から文化研究へ

モクタリ明子・ニック=キャンベル「人物像に応じた個人内音声バリエーション」pp.139-156

など役割語に関連ある論文も収められています。

« 手塚治虫のオキナワ | トップページ | 交錯するアート・メディア »

演劇・芸能」カテゴリの記事

音声・音韻」カテゴリの記事

社会言語学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 可能性としての文化情報リテラシー:

« 手塚治虫のオキナワ | トップページ | 交錯するアート・メディア »