2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 87%の日本人が キャラクターを好きな理由 | トップページ | 特集 古典キャラクターの可能性(アジア遊学108) »

2012年5月14日 (月)

古典化するキャラクター(アジア遊学130)

相田 満(企画)(2010)『古典化するキャラクター』(アジア遊学 130),勉誠出版.


長い伝統の中に練り込まれた文物の中に潜む類型と画一化の中に新たな魅力を見いだす。「キャラクター」というポップカルチャーの権化のようなタームと、「古典研究」の概念をすりあわせ、古典学にダイナミックな視野の転換を試みる。(内容紹介より)


Kotenkachara


« 87%の日本人が キャラクターを好きな理由 | トップページ | 特集 古典キャラクターの可能性(アジア遊学108) »

位相・レジスター・文体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古典化するキャラクター(アジア遊学130):

« 87%の日本人が キャラクターを好きな理由 | トップページ | 特集 古典キャラクターの可能性(アジア遊学108) »