2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 教師のためのキャラクタートーク術―安心感が子どもの可能性をひらく | トップページ | キャラ化する/される子どもたち―排除型社会における新たな人間像 »

2012年5月14日 (月)

キャラクター総論 文化・商業・知財

辻 幸恵・梅村 修・水野浩児(2009)『キャラクター総論―文化・商業・知財』,白桃書房.


現代社会において様々に使われている「キャラクター」。それを消費社会のアクターとして見すえる目、マーケティング戦略の1つとしてとらえる目、法規制の中で躍動するプロパティとしてとらえる目、の3視点から解明。(内容紹介より)


Charasouron


« 教師のためのキャラクタートーク術―安心感が子どもの可能性をひらく | トップページ | キャラ化する/される子どもたち―排除型社会における新たな人間像 »

位相・レジスター・文体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャラクター総論 文化・商業・知財:

« 教師のためのキャラクタートーク術―安心感が子どもの可能性をひらく | トップページ | キャラ化する/される子どもたち―排除型社会における新たな人間像 »