2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 高田 亮(2011)『翻訳における役割語』 | トップページ | キャラクター精神分析 »

2012年6月11日 (月)

ライトノベル表現論

泉子・K・メイナード(2012)『ライトノベル表現論』,明治書院.


2000年以降、読者を増やし続けているライトノベル。このライトノベルの文体や表現の特徴とは何か。どのような表現方法を駆使してどのような効果を狙い、読者にどうアピールしているのか。その過程で日本語がどのような姿で創造・消費されるようになってきたのか。この書き言葉のディスコースの中で起こる現象に焦点をあて、多角的な分析を試みる。現代の日本、特にポピュラーカルチャーの世界で、日本語はどのような機能を果たしているのか、今私たちの生きる言語文化をライトノベルから読み解く。(内容紹介より)


100154


« 高田 亮(2011)『翻訳における役割語』 | トップページ | キャラクター精神分析 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライトノベル表現論:

« 高田 亮(2011)『翻訳における役割語』 | トップページ | キャラクター精神分析 »