2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« スクリーンのなかの他者 | トップページ | 近代日本の翻訳文化と日本語 翻訳王・森田思軒の功績 »

2012年11月26日 (月)

言語と貧困 負の連鎖の中で生きる世界の言語的マイノリティ

松原好次・山本忠行(編)『言語と貧困 負の連鎖の中で生きる世界の言語的マイノリティ』,明石書店

移民や少数言語話者など、その土地で優勢な言語を満足に使うことができないために教育や就業の機会を奪われ、結果として貧困に陥ってしまう人びとの問題を、世界各地の例を挙げて紹介し、さらにその負の連鎖を断ち切るための道を探る。
(内容紹介より)
Gengohinkon

« スクリーンのなかの他者 | トップページ | 近代日本の翻訳文化と日本語 翻訳王・森田思軒の功績 »

マンガ」カテゴリの記事

各国語・翻訳・吹き替え」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言語と貧困 負の連鎖の中で生きる世界の言語的マイノリティ:

« スクリーンのなかの他者 | トップページ | 近代日本の翻訳文化と日本語 翻訳王・森田思軒の功績 »