2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

パソコン・インターネット

2010年6月22日 (火)

首都圏における言語動態の研究

著者よりいただきました。

70506_2

田中ゆかり(2010)

首都圏における言語動態の研究」

笠間書院
ISBN 9784305705068

【目次】

    はしがき
    凡例

第1部 「気づき」と言語変化

第1章 「気づきやすさ」と「変わりやすさ」

   1.はじめに
   2.「気づき」と「変わりやすさ」からみた言語変化事象の分類
   3.「気づき」と「変わりやすさ」の観点からみた「とびはね音調」
   4.おわりに「女らしい」藤原先生

第2章 「聞き取りアンケート調査」の有効性と制約
   1.はじめに
   2.「聞き取りアンケート調査」とは
   3.先行研究からみた「聞き取りアンケート調査」の有効性
   4.「聞き取りアンケート調査」の制約
   5.おわりに

第3章 「気づき」にかかわる言語事象の受容
――山梨県西部域若年層調査を中心に――

   1.はじめに
   2.「気づき」のない(弱い)言語事象としての非共通語
   3.「気づかない非共通語」検討に用いる山梨県若年層調査資料の性質
   4.出現率からみた「気づかない非共通語」
   5.「歩み寄り」の方法としての非共通語受容
   6.まとめ
   7.おわりに

第4章 アクセント型の獲得と消失における「実現型」と「意識型」
――外来語アクセント平板化現象から――

   1.はじめに
   2.「実現形」と「意識形」
   3.首都圏西部域若年層における外来語アクセントの「実現型」
   4.首都圏西部域若年層における外来語アクセントの「意識型」

第5章 形容詞活用形アクセントの複雑さが意味するもの
――「気づき」と「変わりやすさ」の観点から――
   1.はじめに
   2.先行研究における形容詞活用形アクセント型の複雑さ
   3.首都圏高年層読み上げ式調査による検討
   4.聞き取りアンケート調査データによる検討
   5.形容詞活用形アクセントの複雑さが意味するもの
   6.おわりに

第6章 Ⅰ類動詞連用形尾高型の消失
   1.はじめに
   2.Ⅰ類動詞連用形尾高型について
   3.分析に用いるデータの概要
   4.高年層データからみるⅠ類動詞連用形のアクセント
   5.高校生データからみるⅠ類動詞連用形のアクセント
   6.山梨中学生データからみるⅠ類動詞連用形のアクセント
   7.3種類のデータからみたⅠ類動詞連用形のアクセント
   8.おわりに

第2部 「とびはね音調」の成立とその背景      

第1章 「とびはね音調」とは何か
   1.はじめに
   2.「〜ナイ?」の問いかけ音調のバリエーション
   3.「とびはね音調」成立の背景
   4.「とびはね音調」に付与される社会的コメント
   5.おわりに

第2章 新しい音調の受容と回避
――「とびはね音調」と「尻上がりイントネーション」――
   1.はじめに
   2.首都圏高校生調査概要
   3.実現音調からみる「とびはね」と「尻上がり」
   4.意識調査からみる「とびはね」と「尻上がり」
   5.実現音調と意識調査からみる「とびはね」と「尻上がり」
   6.「とびはね」と「尻上がり」に対するイメージと採否行動
   7.「とびはね」と「尻上がり」の差をどのように考えるか
   8.まとめ
   9.おわりに

第3章 「とびはね音調」の採否とイメージ
   1.はじめに
   2.首都圏西部域高校生調査データの概要
   3.リスト読み上げ式調査による「実現型」
   4.聞き取りアンケート調査による「意識型」
   5.聞き取りアンケート調査における「意識型」とイメージ
   6.おわりに

第4章 中学生のアクセントとイントネーション
――世田谷区立中学校における聞き取りアンケート調査から――
   1.はじめに
   2.調査概要
   3.聞き取りアンケート調査結果概観
   4.「とびはね音調」項目と他項目とのかかわり
   5.まとめ
   6.おわりに「気づき」のない(弱い)言語事象としての非共通語
      
第5章 「とびはね音調」の成立と拡張
――アクセントとイントネーションの協同的関係――

   1.はじめに
   2.聞き取りアンケート調査概要
   3.聞き取りアンケート調査結果
   4.回答者の回答傾向からみた検討
   5.おわりに

第3部 アクセント変容からみた首都圏方言

第1章 方言接触からみた首都圏西部域のアクセント
――2・3拍名詞の場合――
   1.はじめに
   2.調査地域のアクセントと先行研究
   3.調査概要
   4.2拍名詞のアクセント
   5.3拍名詞のアクセント
   6.おわりに

第2章 指向性解釈の可能性
――首都圏西部域高年層アクセントデータによる検討――
   1.はじめに
   2.データ構造の検討に用いる多変量解析の手法
   3.データ構造の把握による帰納的解釈の試み
   4.アクセント型の観点からの解釈
   5.話者の観点からの解釈
   6.試行により提示したこと
   7.おわりに

第3章 外来語アクセント平板化現象の実態と意識
   1.はじめに
   2.平板化現象に関する先行研究
   3.調査概要
   4.平板化現象実態調査の結果
   5.高校生聞き取りアンケート調査の結果
   6.高校生調査におけるアクセント型イメージ
   7.まとめ
   8.おわりに

第4章 首都圏の地名アクセント
――地元アクセントとメディアアクセント――
   1.はじめに
   2.地名アクセントに関する先行研究
   3.調査概要
   4.高年層調査における地名アクセント
   5.高校生調査からみた地名アクセント
   6.まとめ
   7.おわりに

第5章 「古いアクセント型が保持される要因
――「東山道」・「東海道」・「中山道」を例として――
   1.はじめに
   2.「東山道」・「東海道」・「中山道」のアクセント型新旧
   3.街道名の馴染み度調査の結果
   4.旧街道沿い生育者に保持される古いアクセント型
   5.特殊な場面における古いアクセント型の保持
   6.メディア露出度と古いアクセント型とのかかわり
   7.まとめ
   8.おわりに

第6章 山梨県西部域若年層調査におけるアクセント
   1.はじめに
   2.調査概要
   3.先行研究から想定した「山梨県方言的要素」
   4.先行研究から想定した「新共通語的要素」
   5.共通語アクセントの出現率からみた全体的な傾向
   6.学校差のみられる項目
   7.まとめ
   8.おわりに

第4部 新しいメディアのインパクト

第1章 「携帯電話」と日本語社会
――携帯普及期における大学生アンケート調査から――
   1.はじめに
   2.調査概要
   3.携帯電話の所持率・所持時期・所持理由
   4.携帯電話の使用機能
   5.つながる相手は誰か
   6.常時接続の携帯で話されることは何か
   7.携帯電話で「便利になったか」,「変わったか」
   8.通話ルールの改変
   9.携帯マナーについて
   10. コミュニケーションの変化
   11.「携帯コトバ」
   12. 携帯に関連した研究テーマ
   13. おわりに

第2章 大学生の携帯メイル・コミュニケーション
――「打ちことば」親密コードルールの萌芽――
   1.はじめに
   2.調査概要
   3.首都圏大学生の「携帯環境」
   4.メイル優位の背景
   5.PCメイルは携帯メイルに及ばない
   6.送受信相手と連絡手段の私的性
   7.携帯メイルの内容と構成要素
   8.携帯メイルにおける記号類の使用
   9.携帯メイルで人間関係は変化したか?
   10. おわりに

第3章 携帯メイルの「おてまみ」性
   1.はじめに
   2.「携帯=メイル」ハードユーザーにおける携帯行動
   3.男女を問わない携帯メイルの「実況中継性」
   4.「メモ」化していく文体
   5.おわりに

第4章 携帯電話と電子メイルの表現
   1.はじめに
   2.調査概要
   3.大学生における携帯電話とパソコンの普及状況
   4.携帯通話・携帯メイル・PCメイルの送受信件数
   5.固定電話と携帯電話の違い
   6.PCメイルと携帯メイルの違い
   7.おわりに

第5章 携帯メイルハードユーザーの「特有表現」意識
――携帯メイル第一世代の大学生調査から――
   1.はじめに
   2.調査当時における携帯電話・携帯メイルの状況
   3.携帯メイル表現先行研究
   4.調査概要
   5.携帯メイルの「特有表現」
   6.おわりに

第6章 携帯メイルの「キブン表現」
――携帯メイル第一世代の大学生調査から――
   1.はじめに
   2.調査概要
   3.調査結果からみる「キブン表現」
   4.おわりに

第5部 「方言受容」の新しい姿

第1章 首都圏における関西方言の受容パターン
――「間接接触」によるアクセサリー的受容――
   1.はじめに
   2.調査概要
   3.テレビによる「間接接触」
   4.関西方言語形項目の受容パターン
   5.アクセント項目の受容パターン
   6.クラスター分析による考察
   7.おわりに

第2章 現代における「首都圏方言」とは何か
――「方言意識」と「方言使用」――
   1.はじめに
   2.言語意識としては,首都圏に「方言」はない
   3.しかし,「方言」は存在している
   4.世田谷中学生調査からみる方言意識と使用意識
   5.おわりに

第3章 メイルの「方言」は,どこの方言か
――携帯メイル第一世代の大学生調査から――
   1.はじめに
   2.「打ちことば」に現れる「リアル方言」と「バーチャル方言」
   3.大学生調4からみる「ニセ方言」
   4.おわりに

第4章 「方言コスプレ」にみる「方言おもちゃ化」の時代
   1.はじめに
   2.前景化する「方言コスプレ」
   3.「方言コスプレ」前景化の背景
   4.3つの「方言」の層
   5.携帯メイルに現れる「ニセ方言」
   6.若年層にとっての3つの方言層
   7.おわりに

終章

    文献一覧
    初出一覧
    図表一覧

    あとがき

    索引

2010年4月26日 (月)

月刊『言語』特集:日本語のスタイル

月刊『言語』37-1(2008) 特集:日本語のスタイル―その使い分けと創造性―

役割語に関係する以下の論文が掲載されています。

渋谷勝己「スタイルの使い分けとコミュニケーション」pp.18-25

熊谷智子「依頼と謝罪における働きかけのスタイル」pp.26-33

土屋礼子「新聞にみる話しことばの変遷」pp.34-39

松田美佐「ケータイ/ウェブの表現スタイル」pp.40-45

高木千恵氏「関西若年層にみる東京語の使用」pp.46-51

金田純平・澤田浩子・定延利之「コミュニケーション・文法とキャラクタの関わり」pp.52-59

勅使河原三保子「音声による人物像の表現と知覚」pp.60-65

2010年3月23日 (火)

オフメディア・オンメディア

オフメディア・オンメディア
黒田 勇 (編集)

単行本: 161ページ
出版社: 法律文化社 (1995/01)
ISBN-10: 4589018446
ISBN-13: 978-4589018441
発売日: 1995/01
商品の寸法: 17.6 x 12 x 1.4 cm

(あまり)

2009年8月31日 (月)

〈性〉と日本語

著者よりいただきました。

Photo

中村桃子(2007)

『〈性〉と日本語』

NHKブックス
ISBN 9784140910962

【目次】

はじめに  
 日本語ブームの背景
 言語資源という視点
 「女ことば」と「男ことば」に見る創造性
 本書の全体像

Ⅰ 「わたし」はことばでつくられる

第一章 ことばとアイデンティティ 

 1 アイデンティティはどこから来るか
     「女らしい」藤原先生
     不自然な「女ことば」
     本質主義のアイデンティティ
     構造主義のアイデンティティ
     言語資源としての「ことば」
     フィクションの会話と現実の会話
     メディアがつくる言語資源
     「ずれた言語行為」の創造性

 2 非対称的な「女ことば」と「男ことば」
     標準語としての「女/男ことば」
     インフォーマルな「女/男ことば」
     「女/男ことば」が描く人物像の違い
     「女ことば」とはルールである

 3 言語資源が切り開く地平
     繰り返される「ついて語る」言説
     女訓書からエチケット本まで
     「標準語」に隠された男性性
     「標準語」「女/男ことば」を分けるもの
     言語資源が明かす三つの点

第二章 「翻訳」のことばを読む―再生産される言語資源
       『ハリー・ポッター』の中の「女ことば」
       複数の声が聞こえる

 1 翻訳がつくるアイデンティティ
     翻訳小説の中の擬似方言
     「方言」の誕生
     正しい「標準語」・劣った「方言」
     再生産される差別  

 2 新しい「男ことば」の登場―「です・ます」から「ス」へ
     「擬似方言」の消滅
     変わる翻訳の標準語
     「ぼく」から「おれ」へ
     「おれ」は熱血ヒーロー
     貴様と俺
     近すぎる「おれ」と「おまえ」
     『スラムダンク』の新敬語
     上下関係から親疎関係へ   

 3 変わりゆく「親しさ」の表現
     スターの語る「ぼく・きみ・さ」
     「きみ」と「ぼく」がつくる男の絆
     「旧男ことば」はどこへ行く
     区別しつづける言語資源
     「女ことば」は絆と結びつくか    

Ⅱ 日本語に刻まれた〈性〉

第三章 セクシュアリティと日本語

 1 恋愛小説の言語資源
     ハーレクイン・ロマンスの恋愛描写
     日本の恋愛小説に身体描写の少ない理由
     近づくほどに遠ざかる男女のことば

 2 異性愛はことばに宿る
     古代ローマのセクシュアリティ
     なぜ異性愛は規範となったのか
     〈女〉と〈男〉の中間に位置する人びと
     セックスとジェンダー

 3 〈男〉は中心、〈女〉は例外―異性愛から見た言語資源
     「おれ」と「あたし」のエロス
     「女/男ことば」とジェンダーの結びつき
     「ていねいな言葉づかい」という規範
     言葉づかいが左右する自己イメージ
     男のスカート姿はなぜ目立つ?
     男女で異なる規範性
     「おネエことば」の反対は?

第四章 変わりゆく異性愛のことば
      ―「スパムメール」「スポーツ新聞」「恋愛小説」


 1 スパムメールに刻まれた異性愛の構造
     スパムメールの修辞学
     「女=受動的」がもたらす悲劇

 2 男たちの共同体
     向かい合えない男たち
     ホモソーシャルな社会とは
     女性同性愛に対する視点
     「男になる」ことの意味
     異性愛への強迫観念
     スパムメールの中の「おれ」
     恋愛資本主義の台頭
     スポーツ新聞のホモソーシャル・ファンタジー

 3 親しさを希求することばの格闘
     母子関係に還元される恋愛
     あらたな関係としての家族
     血縁を超えた家族の模索
     母親になりたい

Ⅲ 創造する言語行為

第五章 なぜ少女は自分を「ぼく」と呼ぶのか

 1 少女は言葉づかいの規範を破りつづけてきた
     幻想と現実の再生産
     「ぼく」と言い始めた明治の女子大生

 2 新しい〈少女性〉の創造
     男女に押しつけられた成長過程の違い
     異性愛市場の子どもたち
     〈おませ〉か〈おくて〉か
     〈男装〉への憧れ
     さまざまな自称詞の創造

 3 押しつけられる自称詞
     「わたし」と自称することへの抵抗感
     ひそかに埋め込まれる異性愛規範
     二重の抑圧
    
 4 「言葉づかいへの批判」今昔
     なぜ「女ことば」は伝統なのか
     生き延びるために選ばれることば
     「最近の乱れ」説の効用
     なぜ女のことばづかいが気になるのか

 5 少女の「男ことば」に萌える男たち
     「無垢な少女」幻想
     未熟なエロスの商品化

第六章 欲望を創造する―消費社会と〈性〉
 
 1 ファッション誌という共同体
     消費と結びついたアイデンティティ
     雑誌がつくる書き手と読者
     雑誌共同体をつくる三つの手法
     イデオロギーによる支配
     欲望を煽り、達成感を抱かせる

 2 女性誌と男性誌―親しみの相違
     女性誌は平等・男性誌は階層的
     上下関係にもとづくホモソーシャリティ
     ファッションは課題、雑誌はカウンセラー
     ファッションはいかに男性化されたか

 3 新しい男性雑誌共同体
     男性も「着まわし」の時代
     ファッションを「大研究」する
     男性誌は学校、読者は生徒
     モノローグによるコミュニケーション
     異性愛を求める消費社会

終章 「日本語=伝統」観の閉塞を超える
 
 1 日本語という不安
     あるがままに愛でるべき日本語?
     日本語本ブームのメカニズム
     「正しい日本語」の問題点
     「ずれた言語行為」の可能性

 2 日本語をみがくために
     言語イデオロギー
     メタ言説の権力
     「正しい日本語」がつくる分断
     矛盾ゆえに強化される言語イデオロギー
     「男ことばの乱れ」はなぜ意識されないのか

 3 開かれた伝統にむけて
     「専門家」のメタ言説を相対化する
     「乱れ」言説から自由になる
     ことばに対する「常識」に問いを発する

参考文献
あとがき

2008年4月13日 (日)

「「方言コスプレ」にみる「方言おもちゃ化」の時代

田中ゆかり (2007) 「「方言コスプレ」にみる「方言おもちゃ化」の時代」『文学』第8巻・第6号、pp. 123-133.