2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ステレオタイプ

2012年11月26日 (月)

<女中>イメージの家庭文化史

清水美知子(2004)『<女中>イメージの家庭文化史』,世界思想社

「下婢」「下女」から「女中」、そして「お手伝いさん」へ。「女中」というプリズムを通して近・現代日本の家庭生活、とりわけ主婦を中心とした家庭文化を史料をもって浮き彫りにする。
(内容紹介より)
Jotyuimage

2012年7月23日 (月)

国際日本学とは何か? 中国人の日本観 相互理解のための思索と実践

王 敏(2009)『国際日本学とは何か? 中国人の日本観 相互理解のための思索と実践』,三和書籍.


『本論文集の基本的コンセプトは二つである。一つは、外国の日本学研究者の視点を取り入れて、「ジャパン・テクノロジー(日本学研究)」をより科学的に深化させたい。内向きの閉鎖的な研究姿勢と希薄な方法論という、人文科学研究の旧弊を打破するには、内外の補完という不可欠の方法論によって、国際的・学際的な共同研究の可能性を提示する必要があると思われる。もう一つは、他者の視点による「異文化」という観点から日本文化を再発見・再発掘し、日本文化研究に新局面を切り拓くことにある。日本文化は、近代までは中国、朝鮮などの東アジア地域文化のなかで、近代以降は欧米を中心にした「異文化」の影響を直接・間接に受けながら形成された混成文化と認識されているが、一方、それを成す普遍性と地域性の有機的構成は地球化(グローバル化)の加速のなかで、周辺諸国にも一定の啓発を与えることができると考える。以上のコンセプトの模索として、中国の研究者による実証的な日本研究成果の一部を編集して本論文集を企画した。日中相互研究の参考資料の一冊となり、読者の参考文献になることを願っている。』本書コンセプトより。

Tyugokujinnihonkan


アジア映画にみる日本 Ⅰ 中国・香港・台湾編

門真貴志(1995)『アジア映画にみる日本 Ⅰ 中国・香港・台湾編』(フリクショナル・フィルム読本1),社会評論社.

外国映画は「日本」をどう描き、日本映画は「民族」をどう描いてきたか。「民族」のステロタイプの原像と原因をフィルムグラフィーを通して探り出す。膨大なフィルムと資料を駆使して、映画の新しい見方と魅力を引き出す。巻末にはビデオ化リスト等も収録。(内容紹介より)


Ajiaeiganimirunihon


2012年5月 7日 (月)

「方言コスプレ」の時代――ニセ関西弁から龍馬語まで

田中ゆかり(2011)『「方言コスプレ」の時代――ニセ関西弁から龍馬語まで』,岩波書店.

関西人でもないのに「なんでやねん」とつっこむ。九州人でもないのに「お引き受けしたでごわす」と男らしく受け止める──こんな方言コスプレが旬の話題となって久しい。方言の価値の変遷、小説・マンガ・TVドラマなど創作物における方言イメージの蓄積と流通。意識調査とコンテンツ分析から、日本語社会のいまを読み解く。(内容紹介より)

Images


2009年12月14日 (月)

物語消滅論

31439127 物語消滅論 キャラクター化する「私」、イデオロギー化する「物語」

著者/訳者: 大塚英志/〔著〕 
出版社名 : 角川書店
発行年月: 2004年10月
ISBN:978-4-04-704179-0

【目次】

第1章 創作する読者と物語るコンピュータ(「物語」がイデオロギーを代行する時代とは
記号的価値としての「物語」 ほか)
第2章 キャラクターとしての「私」(都市伝説と集合的な作者
「現実」は明治三十年代に作られた ほか)
第3章 イデオロギー化する「物語」(新化論的な因果律の消滅した世界
「キャラを立てたい」日本 ほか)
あとがき なぜ、ぼくは「近代的言説」を「擁護」しようとするのか
(あまり)

2009年10月19日 (月)

アメリカ雑誌に映る〈日本人〉

32180649 アメリカ雑誌に映る〈日本人〉 オリエンタリズムへのメディア論的接近

著者/訳者名 小暮修三/著
出版社名 青弓社 (ISBN:978-4-7872-3292-2) 
発行年月 2008年12月
サイズ 186P 21cm

【目次】
第1章 他者/自己への眼差し—「ナショナル・ジオグラフィック」を「読む」ための概念地図(リプレゼンテーション
オリエンタリズム ほか)
第2章 ゲイシャ・ガール—古典的オリエンタリズム1(ファンタジー—『蝶々夫人』あるいは「花のもてなし」
アイロニー—幻想としての伝統的日本人女性(ゲイシャ・ガール) ほか)
第3章 サムライ—古典的オリエンタリズム2(封建遺制のハラキリから戦争の狂気へ—太平洋戦争敗戦まで
「張り子の虎」から精彩を失った伝統へ—一九五〇‐七〇年代 ほか)
第4章 テクノロジー—テクノ・オリエンタリズム(テクノロジーと結び付けられた「日本人」
西洋文明の模倣者(サムライ)—十九世紀末以降 ほか)
第5章 オリエンタリズム批判再考—反オリエンタリズム教条主義を超えて(オリエンタリズム批判再考—オリエンタリズムとセルフ・オリエンタリズムの相互補完関係
テクノロジーをめぐるセルフ・オリエンタリズムとナショナリズムの相関性 ほか)
(あまり)

2009年10月13日 (火)

探偵小説と記号的人物(キャラ/キャラクター)

31748852 探偵小説と記号的人物(キャラ/キャラクター) ミネルヴァの梟は黄昏に飛びたつか?
 
著者/訳者名 笠井潔/著
出版社名 東京創元社 (ISBN:4-488-01521-2) 
発行年月 2006年07月
サイズ 330P 20cm

【目次】
1 記号的キャラクターと精神的外傷(ジャンルXという提案
登場人物とキャラ ほか)
2 大量死の経験と「キャラ」(多重人格とキャラ的なもの
内面領域の細分化と表層化 ほか)
3 清涼院流水という「問題」(探偵小説と「あえて」の意識
ポストモダン第一世代と第二世代 ほか)
本格ミステリ往復書簡
座談会 現代本格の行方

(あまり)

2009年10月 5日 (月)

ステレオタイプの社会心理学

30946908 ステレオタイプの社会心理学 偏見の解消に向けて
セレクション社会心理学 21

著者/訳者名 上瀬由美子/著
出版社名 サイエンス社 (ISBN:4-7819-1005-X) 
発行年月 2002年02月
サイズ 180P 19cm

【目次】
1 ステレオタイプ・偏見とは
2 ステレオタイプ・偏見が生じる背景
3 ステレオタイプ維持のメカニズム
4 否定的ステレオタイプ・偏見をもたれる側の心理
5 ステレオタイプ・偏見はどのように変わるのか
(あまり)

お嬢さまことば速修講座

お嬢さまことば速修講座

著者/訳者名 加藤 ゑみ子 監
出版社名 ディスカヴァー・トゥエンティワン (ISBN:4-924751-62-6) 
発行年月 1997年09月
サイズ 205P 18cm

【目次】
第1部 基本科(「恐れ入ります」の法
「すみません」の禁
「わたくし」と「さま」の掟
「ことのて」の結び
緩慢の術 ほか)
第2部 応用科(丁寧な肯定と曖昧な否定の術
大げさな誉めことばと婉曲的なけなしの術
御所ことばを楽しむの術
実践の心得)
第3部 研究科(気品の定義)
第4部 資料編(お嬢さまことば小辞典)
(あまり)

2009年8月31日 (月)

女性とメディア

Photo_4 北九州市立男女共同参画センター“ムーブ”編(2005)『ジェンダー白書3―女性とメディア』ムーブ叢書 明石書店(ISBN978-4750320939)